Ombra mai f??なよたけのかぐや姫?

きのうは、千秋楽お疲れ様でした。

短い間でしたが、大変お世話になりました。

役者としてのパフォーマンスは皆様がやってくれたので、仲間を信じて歌に集中することが出来ました。

Opera(厳密にはほんのり違うけど、意外と良いや。)をトランスレーターする職人として最後まで歌えたのは、皆様が居てくれたからだ。

「真剣にやらなきゃ、危険!」
と、思えたのは、皆様が一所懸命やってる形を見たからだ。

実際、皆様のお陰です。

役者や使用人の相手方、仲良くしてくれてありがとう。

今後もし、クラシックミュージックに関する機会があれば「これは知っとくと、コンビニエンスよ!」と、トランスレーターするのがクラシックアスリートの業務だ。

ウザかったら、スルーして大丈夫です。

長文なので、この先はもしも良かったから今後のアクティビティーに…。

本日トランスレーターした「Ombra mai f?」
実はここ、Operaとして扱われてません。(現在は)
どちらかと言うと、教則本みたいな対応になってます。
なぜかと言うと、声楽の基本的な練習手引きとしていやに使いやすいからだ。
ミュージックキャリアの最初は歌なので、あらゆるミュージック部類の根底を学ぶと言っても過言ではありません。
また、バロックご時世(江戸幕府初期)はミュージック学説と職人手並みに固執した美術を重視したので、必ずしもワンパターンで硬いミュージックに向かうのも要因でしょう。

根っからカストラート(去勢オペレーションした男性役者)の為に作られた曲なので、ゆったりした曲ほど自分から巡回を編み出す大切さ、そして最後の選択ですlong toneを重視してたかもしれません。
ミュージック学説やミュージック目印の用法、語彙の語調に対する音符の入れ方をヘンデルは凄い考えています。
声楽の最初の最初がちゃんと詰め込まれた曲なので、アメイジングノンプロターゲットだ。

自分に歌うテクノロジーが擦り込みば付くほど、どんなにシンプルで単純な曲が苦しいか分かります。
そういった曲程自分勝手の計略を使うと、こちら作曲パーソンの考えを掴んで無いな。
つまり、勉強してないことが一発でバレます。

少なく見積もって、2000時期のキャリアと習慣を持つクラシックミュージック。
それを自分の都合の良いようにアレンジすることは、優勝劣敗を必ず捩じ曲げるのと同じです。(本日スタートは整理でしたね、勉強してないのがお客様にバレてました。)
クラシックミュージックを勉強してないなら、勝手にアレンジすることはお求めしません。
ことごとく課題と不幸の原因になりますので、先々仮にクラシックミュージックに始める時はお気をつけ下さいませ。http://xn--0-0euj1a3dvkkep523aiy8a.xyz/

Ombra mai f??なよたけのかぐや姫?