年劇を見るため、私たちのおじいさんの状態を感じ入る

 ぼくは、昔より、時期劇を見て育ったせいか、大人になった今でも、暇が湯煤範囲で、時期劇を楽しんでいる。何より隠れ家なのが、暴れん坊将軍と水戸黄門です。
 徳川吉宗を演じてある松平健の刀捌き、ウェア映え講じる恰幅の良さ、シナリオ我が家や演出が数名個別されているのか、毎度趣向を凝らした条目になっている。戦国時期が終わり、天下泰平の業界となった時代に、悪業を重ねている代官や、私腹を肥やす悪党などを、最後はお庭園番に対して「成敗!」の一言で切られて仕舞う氏、だいぶスカッとする時です。種類化され、大岡越前や爺の役どころ、めグループの男衆、などのモデル君も入れ代わり、私の中で、大岡越前は誰が演じたらマキシマムかっこいいか、などを位置付けるのも、味わいのひとつである。代々将軍の取り分け、名君と名高い徳川吉宗の時期、かりに作り物とはいえ、将軍氏直々に悪党を懲らしめていらっしゃるハズもなかろうと思いつつも、職歴の表芝居に出てこないだけで、TVの時と同じことが置きていたら、困難業界であったろう。意思は馳せる。
 一方の水戸黄門であるが、暴れん坊将軍とおんなじ徳川我が家の人間の問題。問題の中では、「越後のちりめん問屋の隠居」として登場する。手っ取り早い問題が、供を引き連れ、我が国を旅して回る先祖の問題です。これだけ聞いても、性質もなにも感じないが、出向くとこといくところに悪党がいて、その粗末に泣かされてある民衆がいる。必ず一大事のニオイが講じる。毎度、水戸黄門とは別アクティビティーをやる、風車の弥七から、悪業に関するレポートが届く。弥七はどこからこんなレジメを入手してきているのか、疑惑です。また、ことごとくといって宜しいほど由美かおる君による、入浴タイミング。殿方の思いに応えてのタイミングなのであろうが、のぼくから見ても、万全お眩しい。そして、忘れてはいけない、うっかり八兵衛。食いしん坊とい配列になっていが故に、毎度、食に関するお話が絶えない。あたりまえだが、助君と格君はれっきとした武士。随時広がる、ロマンスの問題も見ものです。水戸黄門を取りまく人々の随分素晴らしい現象。諸大名からすると、これ程忠実な家臣がいたら、仮に良いことかと羨ましがられることだろう。仮に、ぼくが当時の大名なら、そんな家臣がほしい。恐らく、人徳による物体だろう。ダイアログもさる現象なかれ、ぼくがかわいがりてやまない口上が残る。最後に悪党と決するところ、印籠が現れるタイミングが起こる。「鎮まれ〜鎮まれ〜」「こういう紋所が瞳にはいらぬかぁ〜」こういう口上は、ゼロキーワードゼロ句憶え、必ずと言っていいほど、一緒に言っている。私もキャラクターの自力になったかのような気分になる。しかし、なんだか悪党は刃向ってきて、最後は成敗変わるのがオチだが、何回見ても痛快なシーンである。
 ダブルの時期劇に共通する現象として「勧善懲悪」が居残る。ルールは勝つ!悪いことをしたら、罰せられる。当たり前のことだが、今の当社が欠けるようなことではないだろうか。時期劇を通して、おじいさんが行ってきたことをふたたび考え、今の当社が有ることに安堵をしなくてはならないと、暴れん坊将軍と水戸黄門から教わった気がしていらっしゃる。http://www.spiritnetwork.co/

年劇を見るため、私たちのおじいさんの状態を感じ入る